共働き子供なし世帯年収800万の生活費と貯金を公開します

共働き子供なし世帯年収800万の生活費と貯金を公開します
ライター情報

共働き子供なし/埼玉県在住

・これから子供は欲しい
・夫は会社員で妻は公務員
・お金の勉強中

管理者コアラッコ

妻を愛し、妻に愛されたい男コアラッコです。

今回は共働きで子供なし世帯の代表として私自身の生活費や毎月の貯金額を暴露しちゃう内容です。

「他の家の家計が気になるけど、なんか聞きづらい、けどやっぱり気になる!!」って方けっこう多いと思います。

我が家は世帯年収が800万程度なので、近い人は参考にしてもらえたら嬉しいです。

▼この記事の結論

・毎月の支出は約32万円
・毎月の貯金額は約20万円
・まずやるべきことは支出の把握と固定費の圧縮

我が家の収入

まずは収入から見ていきます。

年収でいうと、私が約430万で妻は約390万といった具合です。

世帯年収だと約820万といったところでしょうか。

いやー、共働きって最強だなおい。

実際には残業代やら賞与金額で多少変動しますが、あくまで目安ということで。

わかりやすく毎月の手取り金額に直してみます。

項目 手取り金額(月)
約29万
約24万
合計 約53万

※賞与も含めた年間の合計金額を12か月で割って算出しています。

ということで、毎月の収入は約53万ですね。

ちなみに平均はどれくらい?

ここで気になるのが、他の世帯に比べて我が家の収入ってどうなのか。

比較対象として世代別の平均世帯年収を調べてみた結果がこちら。

  • 20代・約376万円
  • 30代:約574万円
  • 40代:約702万円
  • 50代:約782万円
  • 60代:約534万円

※年代は、世帯主の年齢
出典:平成30年国民生活基礎調査の概況ー各種世帯の所得等の状況|厚生労働省

30代は約574万ということで、我が家は約830万ですから、わりと頑張っているといってよさそうです。

とはいってもあくまで全国の平均ですし、個人のライフスタイルによって必要なお金の量も変わりますので、あくまで参考程度に。
(とはいえ少し安心)

我が家の支出

次に家計簿を公開していきます。

我が家は「自分用」「妻用」「共通」という3つの口座でお金を管理しています。

共働きなので生活にかかる費用は折半にしています。

ちなみに家計管理方法はアプリを活用してお互いがいつでも確認できるようにしています。

そのあたりはこちらの記事でご紹介しています。

家事についても役割分担まではしていませんが、基本的に食事は妻が、掃除は私がという感じでこちらもバランスとってやっています。

共通で管理している支出をみていきます。

住居費 10万5,000円
水道光熱費 1万5,000円
食費 3万円
自宅ネット代 0円
スマホ 8,000円
日用雑貨 5,000円
駐車場 7,000円
デート代 2万円
特別費(冠婚葬祭2や贈り物など) 1万円
保険料 5,000円
合計 20万5,000円

個人ごとの支出はだいたいこんな感じ

7万
5万

まとめると、我が家はおおよそ毎月32万5,000円が支出となっています。

住居費

2LDKで築3年の駅徒歩6分くらいなので、私たちが住むエリアとしてはけっこうグレード的にはいいとこに住んでます。

個人的には住む環境をケチると結局ストレスで仕事や健康面に悪影響だと思っているので、ある意味で投資だと割り切ってます。

とはいえ、都内に比べたら安くて助かりますが。

食費

基本は自炊です。

お昼も弁当と水筒を持って行ってるので、二人で3万はけっこう優秀かなと。

妻の実家が農家なので、野菜とお米をおすそ分けしてもらえるんです。

なのでスーパーに買い物にいっても、買うのはおお肉や魚と調味料といった感じ。あとは私の酒ですね 笑

お酒も缶で買うんじゃなくて、2Lの焼酎と炭酸買って自分でレモンサワー作って飲んでます。

ネットとスマホ代

自宅のネット回線は「D.U-NET」という回線を使っているのですが、これがなんと無料です。

「D.U-NET」とはダイワハウスが貸し出している「D-room」に入居するとついてくるサービスで、無料でネットが使えます。

スマホについては、私は格安スマホで妻はドコモを使用しています。

妻にも格安スマホにしてもらうよう説得中です。
(妻は回線系に疎いので格安スマホは抵抗がある様子)

美容室代

妻は普通に美容室に通っていますが、私はもっぱら1000円カット愛用者です。

美容室代ってけっこうバカにならないので家計の節約に繋がっています。

1000円カットに不安がある方はこちらの1000円カット攻略記事をご覧ください。

我が家の貯金額

収入から支出を引くとこうなります。

収入 53万円
支出 32万5,000円
貯金額 20万5,000円
貯金割合 約39%

ということで、毎月約20万円は貯蓄にまわすことができています。

実際のところ、個人の支出は外食費や飲み会がほとんどなんですが、最近はコロナの影響でほとんど使うことがなくなったので、さらに貯蓄率が上がっています。

で、我が家は基本的に6か月分の生活費は銀行に預金として預けて、他の資金は債券や株などの投資側にまわして、少しでもお金がお金を稼ぐような仕組みにしています。

現在の預金利率は0.01%と圧倒的に低い状況で、今後も大きくは変わらないと言われています。

そんな中でお金をただ眠らせておくのはかなりもったいないです。

理想の貯金額っていくら?

20代、30代であれば、一般的には貯め時にあたる人が多くなります。そのため、手取り収入の15~30%を目標にできると理想的です。

出典:ARUHI

ということで、30代は30%も貯蓄に回せればかなり理想的だと言えます。

もちろん、収入が多ければその分金額も上がりますし、子供が生まれたりするとお金がかかるので、貯蓄もしづらくなってきます。

そう考えると、共働きで子供なしの我が家は、余裕のある今のうちに最低でも30%を貯蓄に回すことを意識しています。

まとめ|夫婦でお金について話し合うことが大事

最後に今回の内容をまとめます。

・共働き夫婦の生活費は折半、家事も折半
・世帯年収800万で貯金は毎月約20万円
・子供を作る予定があれば、今のうちに貯蓄すべし

我が家も一度しっかり将来の展望やお金の話をしたことで、お互いに自覚をもって貯金を進めることができています。

ちなみにご紹介した我が家の投資事情についてはこちらの記事で紹介していますので、よろしければご覧ください。

お金のことカテゴリの最新記事