CATEGORY 書評

呼んだ本をまとめた記事です。

  • 2020.06.13

【書評|要約】「13歳からのアート思考」が今の大人に必要な件

妻を愛し、妻に愛されたい男コアラッコです。 今回は2020年に出版された著書『「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考』を書評・要約していきます。 本著は美術教師である末永幸歩(すえなが・ゆきほ)さんが、「アート思考」を中高生向けに噛み砕いて解説した一冊です。 ▼この本から学べるポイント 中高生のときに美術が苦手だった人でも、アート鑑賞が楽しくなる「アート思考」の具体的な思考ステップが […]

【書評|予想どおりに不合理】行動経済学から「企業組織」の在り方を考えてみる

いきなりですが、質問です。 あなたは婚約した友人をお祝いするために、仲の良い他の友人たちも呼んで自宅でパーティーを開きました。 お肉が好きな友人のために、美味しいと話題の牛肉を買い、ローストビーフを仕込みます。 そのほかにもサラダやちょっとしたおつまみなど、友人をお祝いするために力を尽くしました。 そんな中で迎えたパーティーはもちろん大成功。 婚約した友人は涙を流して喜んでくれて、周りの友人たちも […]

零細企業は人を雇う前に「小さなチーム、大きな仕事」を読もう

妻を愛し、妻に愛されたい男コアラッコです。 私の勤める会社は総勢3名のいわゆる「零細企業」です。 私以外はすでに世にいう定年間近というもので、平均年齢にすると48.6歳。 ちなみに私がいないと57.5歳。エグイ。 ということで若返りも含めて人材の獲得というのは頭のどこかに常にあるわけです。 とはいっても零細企業。 潤沢な採用費があるわけでもなく、できれば雇った人が長く活躍してくれることがベスト。 […]